スポンサードリンク

2011年08月30日

視力回復コンタクトの種類


視力回復コンタクトの装着期間が長くなれば、毎晩装着しなくても矯正視力が維持されるというオマケ付きです。
通常であれば毎晩の装着が欠かせない視力回復コンタクトも、例えば二日に一回といったペースが可能になるかもしれません。
もちろん、大人でも期待するだけの効果は得られるでしょう。
ところで、視力回復コンタクトの仕組みが気になります。
夜寝ている間だけ着けていれば良いなんて、都合が良すぎます。
そんな都合良い話が、視力回復コンタクトなのです。
視力回復コンタクトについて見る前に、コンタクトレンズの種類を探ってみると話が分かりやすくなるかもしれません。

視力回復コンタクトに用いられるコンタクトレンズは、ハードコンタクトレンズと呼ばれる種類です。
もう一つ、ソフトコンタクトレンズと呼ばれる種類があります。
この硬さが視力向上の鍵となります。
ただ、種類として分類されるハードコンタクトレンズと視力回復コンタクトは全く同じものではありません。視力回復コンタクトを装着し続けていけば、弱かった視力も改善されていくでしょう。
そのため、ハードコンタクトレンズという種類が用いられるのです。
この時点で、視力回復コンタクトとの相性が悪い方がいます。
使っていくうちに慣れる事が多いので、まずは相談してみると良いでしょう。
ハードコンタクトレンズとしてのデメリットは当然ながら存在するものの、視力回復コンタクトとして固有のデメリットは存在しないというのがメリットです。
そのためか、視力回復コンタクトの人気は年々高まっています。

視力回復コンタクトの弱点を探してみると、金額という部分に当たりました。
日本では保険が適用されないため、全て実費で賄わなければならないため視力回復コンタクトは必然的に高額となります。
それでも、視力回復コンタクト自体はハードコンタクトレンズなので寿命が長く長期使用にも耐えられます。
視力を向上させるために、つまり焦点を合わせるために視力回復コンタクトは角膜にテンションをかける必要があります。
ただ、その辺りは個人差が大きいので絶対にそうであるとは断言出来ません。
実際に視力回復コンタクトを使ってみてどうなのか、意見が聞けると良いですね。
ブログやサイトを利用すれば、視力回復コンタクトに関する情報だけでなく使用感など色々な情報をチェックできます
posted by aar at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。